2007年12月04日

イベントとしての結婚式 〜その圧倒的なクオリティの高さ〜

前々回の記事はその友人との出会い・人物像に、前回の記事 では彼が人前式という形式をとった理由について書いた。

今回はイベントとしての結婚式について。

すごいなと思ったポイントいくつか

・参加の申込はHPから

・結婚式舞台裏のブログがある

・招待状のフライヤーも自分で写真とった写真

・スタッフが総勢15人(くらい)

・総ページ数20P弱のパンフレット

・参加者が約300人

・司会者が某民法キー局の正統派女子アナ

・紹介VTR(みたいなの)が激アツ

・お土産のクッキー


まあ、他の結婚式でも金をかければ、こういうのは

できるのかもしれない。

けど、すごいのはこれが全部スタッフの手作りだってこと。

聞いたところによると結婚式会社とか通してないらしいよ。

ブログとかはともかくパンフや紹介Vは手作りじゃ無理だろ・・・。

おまけに司会が女子アナって。

ひとえに新郎新婦の人柄・人徳なんだろうね。

パンフ・フライヤーは亮の勤務先の印刷会社、紹介Vは

新郎新婦がであった団体のスタッフ、女子アナは新婦の友人、

クッキーは、彼の友人のパティシエ。

スタッフみんなが新郎新婦の結婚を祝い、幸せを願って一丸と

なって作り上げた最高のイベントだと感じたよ。

最後になったけど、結婚おめでとう。

そして、素晴らしい式に招待してくれてありがとう。

いつまでもいつまでも幸せでいてね。

posted by つよポン♪ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

人前式

で、その友人の結婚式の話。

「正直やつがこんなに、かっこいいとは思わなかった。」

いや、正装したらカッコよく見えたとかそんな話ではなく。

スピーチや紹介VTR(みたいの)をみてそう思ったわけだ。

というより式全体を通してだな。


結婚式は、よくドラマとかであるような、教会があって牧師がいて

「あなたは神に○○を愛することを誓いますか?」とかいうのではなく、

人前式という聞きなれないスタイルのものだった。

(俺が無知なだけか?笑)

なぜそのスタイルになったかというのは彼のスピーチで明らかになる。

彼は言った。

「結婚式をするにあたって、なぜ式を挙げるのかを考えた。

結婚を機に生活のスタイルが変わるわけじゃない。

結婚式を機に永遠の愛を誓うわけじゃない。そんなのとっくの昔に

誓い終わってる。

では、なんのためか。

結婚とはふたりだけではなく、今まで助けてくれたみなさんに感謝し、

みなさんとともに生きていくことを確認する機会だと考えた。

そのために、人前式という形をとった。

神の前でも仏の前でもなく、今まで自分達を支えてくれたみなさんの前で、それを誓いたかった。」と。

・・・マジかっこいい。正直かっこよすぎた。同世代の人間を

これほどまでにかっこいいと思ったのは、はじめてじゃないか?

ごめん、ちょっと長くなるんで次回へ続きます。
posted by つよポン♪ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

ある友人の話

昨日は嬉しいことが二つもあった☆

ちょうど一ヶ月くらい前、友人から一通のメールがあった。

タイトルは「結婚式きてくれー」

そう。昨日はその友人の結婚式。

彼とであったのは3年前の某印刷会社でのインターン。

たった三日間のグループワークだったけど、

その豊かな発想力とプレゼンテーションの魅力に引き込まれ

仲良くなった。

よくわからんがアーティスト系(絵とか)の活動をやっていること、

発言の意味不明さ、ときに本質をつく鋭さ。

とにかく不思議なやつではあったが、人を引き込む魅力があった。

その後、俺が開いた就活イベントに友達を誘って参加してくれたり、

学生団体のイベントに協力してもらったりと、いろんなところで

助けてもらった。

また、彼が現場を取り仕切るNPO団体のイベントに

参加させてもらったこともあった。

そんなこんなで彼のことは戦友だと勝手に思っている。

人付き合いの苦手な俺にとっては、

何かのコミュニティ以外で知り合い、仲良くしてくれてる友人

というのは本当に珍しい。



そんな彼から結婚の連絡をもらって、ベタな表現だけど、

ほんとに自分のことのように嬉しかった。

〜つづく〜

posted by つよポン♪ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ブログを書くわけ その2-@・・・表現力トレーニング

前回に引き続いてブログはじめた理由について。

その1は「みんながブログ書いてるのはなんでだろ」って興味からだったが、その2は必要性からだ。

表現力をつけたいんだよね。

小さいころから経営者になりたいってずっと思ってた。

(小学校の卒業文集の夢の欄には「だいがいしゃの社長」と書いてある。)

まあ、別にいまは社長になりたいわけじゃないんだけど。

で、やっぱいまみたいな図体のでかい会社にいてトップマネジメントの意思決定サポート業務とかやってると感じるわけさ。いろいろと。

トップの方針が浸透してないと組織の力は弱いわな。(まあそれだけじゃないんだろうけど。)

当然いい数字もあがってこない。

今の会社にいて今の仕事を続けるにせよ、気の合う友人と何かしらの組織をつくるにせよ、誰かに対してをこちらの意図したとおりメッセージ伝える力は必須だなと思ったんだ。

んで、こういうのはやっぱ数こなさないとうまくならないだろうから、ブログかくことにしたよ。ようはトレーニングだな。表現力の。(もちろん、目的をもってPDCAサイクルをまわしながらって言う前提ね。ただたくさん書くだけじゃないよ。)

そんな感じ。

posted by つよポン♪ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログをはじめたわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

ブログを書くわけ・・・みんなはなんでブログをはじめたの?

いまさらという感じもするけど、ブログがはやってるね。

いまネットで検索したら2005年3月調べで335万人の開設者がいるらしい。そして、そのときの予測が2007年3月で782万人。

んで、ブログトップのアメブロを展開しているCAのIR資料みたら、2006年10末時点でアメブロだけで134万人の開設者がいるとのこと。

現時点での開設者はどれくらいいるんだろうか?600〜700万くらいか?

まあそんなのはどうでもいいや。

友達でもブログ(もしくはSNSの日記)書いてる人が多い。

何か情報発信したいことがあるのか?

自分のことを知ってもらいたいのか?

自分自身の行動・思考の記録をつけておきたいのか?

書くこと自体が楽しいのか?


そんなことが気になったんで、俺も書いてみることにしたよ。

というのがブログをはじめた理由その1。

そんな感じでよろしく。

posted by つよポン♪ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログをはじめたわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。