2007年12月11日

Q毎の進捗率からみる上方修正の可能性

今日は休みということで現在鬼ホールドしている株の分析をしてた。

今回の分析手法は、PLとかBSからではなく決算短信の利益予想のとこを使う。

過去の決算短信をみて、Qごとの利益の出方をみる。

そして今期の通期業績予想のところみて、現在までの進捗と比べて

上ブレが見込めるかどうかをみる。

あと上方修正のタイミングと期初予想に対して何%くらい実績がぶれたかも

チェック。

の結果まだまだホールドと判断できたのでよかった。

一般的にある手法でなく独自の手法で何かを判断できる物差しがあると強い・・・と思う。
【関連する記事】
posted by つよポン♪ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 株のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。