2007年12月03日

人前式

で、その友人の結婚式の話。

「正直やつがこんなに、かっこいいとは思わなかった。」

いや、正装したらカッコよく見えたとかそんな話ではなく。

スピーチや紹介VTR(みたいの)をみてそう思ったわけだ。

というより式全体を通してだな。


結婚式は、よくドラマとかであるような、教会があって牧師がいて

「あなたは神に○○を愛することを誓いますか?」とかいうのではなく、

人前式という聞きなれないスタイルのものだった。

(俺が無知なだけか?笑)

なぜそのスタイルになったかというのは彼のスピーチで明らかになる。

彼は言った。

「結婚式をするにあたって、なぜ式を挙げるのかを考えた。

結婚を機に生活のスタイルが変わるわけじゃない。

結婚式を機に永遠の愛を誓うわけじゃない。そんなのとっくの昔に

誓い終わってる。

では、なんのためか。

結婚とはふたりだけではなく、今まで助けてくれたみなさんに感謝し、

みなさんとともに生きていくことを確認する機会だと考えた。

そのために、人前式という形をとった。

神の前でも仏の前でもなく、今まで自分達を支えてくれたみなさんの前で、それを誓いたかった。」と。

・・・マジかっこいい。正直かっこよすぎた。同世代の人間を

これほどまでにかっこいいと思ったのは、はじめてじゃないか?

ごめん、ちょっと長くなるんで次回へ続きます。
posted by つよポン♪ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。